アシステッドリビング オードリーは伊那市初の老人ホーム

アシステッドリビング オードリーの施設運営方針

 

 

近年、問題となっている孤独死。
日本人の平均寿命が伸びてきている一方で、歳をとって身寄りがなくなり一人になってしまうお年寄りも増えてきています。

 

家族はいるものの、遠いところに住んでいて結局一人暮らしをしなくてはならない状況の方も多いと思います。

 

しかし、余生を過ごすのに一人暮らしは不安で寂しい。
介護を受けながらも楽しく生活したい。

 

そんな方のために、当サイトでは一人暮らしで不自由しているご高齢の方におすすめの【アシステッドリビング オードリー】をご紹介します。

 

 

アシステッドリビング オードリーが多くの方に選ばれる理由

 

アシステッドリビング オードリーが人々に選ばれるのには、3つの理由があります。

 

自然豊かな環境でリゾート地のようなオシャレな施設

 

アシステッドリビング オードリーの施設は施設長自ら設計した、レンガ造りの壁とポップな屋根が印象的なとてもオシャレな建物です。
また、施設長が海外から取り寄せた自慢の家具の数々はまるで海外の高級ホテルのようで、オシャレかつ住み心地の良い空間を創り出しています。
平屋建のため、足の不自由なお年寄りにも移動しやすく、車椅子の方などのバリアフリーも充実しています。

 

一緒に笑えて、一緒に泣ける「住まい」

 

「心あたたまる やすらぎの家」というテーマを掲げてる、アシステッドリビング オードリー。
「施設」は「家」、「スタッフ」は「家族」として、入居者とスタッフがひとつ屋根の下で一緒に暮らすということ事をとても大切にしている素敵な場所なのです。

 

スタッフが家族同然に24時間対応!終身対応型なのでずっと安心!

 

24時間態勢で入居者の事、入居者の幸せを常に考え、寄り添いながら快適な住まいを手厚い看護でサポートしてくれます。
安心・安全の介護環境で、協力医療機関も整っているので、毎日楽しく安心して過ごすことができます。
余生を安心して幸せに過ごせる、安らぎの家なのです。

 

『心』あたたまるやすらぎの『家』〜アシステッドリビング オードリー〜にご相談を

■利用者様と職員が、ひとつ屋根の下でぬくもりのある家族として暮らす『家』
■一緒に悩み、一緒に考え、一緒に喜ぶ、利用者様がひとりぼっちにはならない『家』
■地域とのつながりを大切にし、「家」の外にある社会資源を使いながら、地域と利用者様がお互いに心を豊かにする事ができる『家』
■職員が介護技術や知識、コミュニケーション技術等のスキルを向上させるための自己研鑽に励み、利用者様がその人その人にあった最高の介護を受けられる『家』
近くに身寄りがおらず、余生に不安を感じている方、こんな素敵な場所で毎日楽しく過ごしませんか?
アシステッドリビング オードリー オフィシャルサイトへのお問い合わせは以下のリンクからどうぞ。

 

入居者の声が聞きたい!
\アシステッドリビング オードリーの詳細はコチラ/